ベビーカーの車輪は、

ずばり、

ダブルタイヤよりシングルタイヤがお薦め!

『ダブルタイヤ』1箇所にタイヤが2つ。

『シングルタイヤ』1箇所にタイヤが1つ。

 

今のベビーカーのタイヤってほとんどが

ダブルタイヤですよね。

こちらの方が安定性がよさそうなので、

何の疑いなく常識と思っていました。

 

ところが実際は?

見た目から、

タイヤが1つしかないと、

なんだか安定が悪いイメージがありましたが、

実際に動かしてみると、

ダブルタイヤよりもシングルタイヤの方が、

安定性が高いという実験結果が出ています。

きちんと舗装されたアスファルトの道路では、

あまり問題はないのですが、

砂利道、芝生、左右の方向転換など

全てにおいて、

シングルタイヤのベビーカーの方が

ダブルタイヤより操作ストレスが低いそうです。

原因は、

ダブルタイヤだと行きたい向きと

違う方向にタイヤが動いてしまうからです。

確かにダブルタイヤは、

クルクル回ってしまいます。

 

でこぼこした道で、

タイヤのブレが少ないということは、

当然、

乗っている赤ちゃんへの衝撃も少ない

という事になります。

ダブルタイヤの利点は無いの?

ダブルタイヤの利点は、

シングルタイヤよりも軽いという事です。

確かに軽いことは、

特にバリアフリーが整っていない場所、

特に、ベビーカーを持って、

片手には赤ちゃんを抱っこしての

階段の移動という点に関しては、

少しでも軽いことは重要です。

でもそれも昔の話で、

今では、軽くて押しやすいシングルタイヤの

ベビーカーも販売されています。

大きさもあまり大きいと改札口など、

狭いところを通行するのは、

不便です。

 

実際はベビーカーを運ぶ時間よりも

押している時間の方が圧倒的に多いです。

ちなみにヨーロッパでは、

シングルタイヤが主流です。

 

購入時には実際に購入する予定の

ベビーカーを実際に押してみて、

(店内ではでこぼこ道はありませんが)

決定するようにしましょう。

 

1番大事なのは、

乗っている主役の赤ちゃんへの影響がどうかです。

スポンサーリンク