Gショックも壊れるんだ!

絶対故障しないと思ってた

(私の勝手な偏見ですが)

Gショックの腕時計

(CASIO (カシオ) 腕時計

G-SHOCK(Gショック)

GA-100B-4A メンズ  赤)が

壊れました。

スポンサーリンク

赤のGショック、

しかもアナログ。

あまり見かけたことなかったし、

結構気にいっていましたが。

 

Gショック自体の値段は安いから、

しょうがないですが。

電池交換時に故障が発覚したので、

使用期間は2年は使っていません。

 

時計屋さんも

「今まで、Gショックが壊れたという

記憶はない」と

言っていましたが。

 

ちなみに、

アナログ式のGショックは、

4年以上使っていますが、

何んともありません。

やはり、

Gショック=デジタルですかね。

 

今思うと、時間合わせの設定が、

秒針、短針がグルグル廻って、

逆に、精密しすぎの感はありました。

電池交換が面倒

水圧試験が必要と言われ、

電池交換代 合計、約¥3,000。

+メーカーに送るため、

約2週間預かりと言われました。

(水圧試験なんて、日常だけで十分、

いらねえのにーーーーーーーーー。)

まとめ

Gショックを購入するなら、

絶対デジタル式がお薦めです。

アナログ式の時計なら

他のメーカーがお薦め。

 

どうせ購入するなら、

できれば、

バンド交感可能なものがお薦めです。

意外とバンド止め(プラスティック製)が

壊れる(割れて)しまう事あります。

 

時計自体は使えるのに、

その原因のために買い替え要になる

可能性大です。

身体にいいのは自動巻き

ちなみに、

私のお薦めは、

自動巻き時計です。

確実に2.3日に1度、

時間合わせは必要ですが、

これが、案外かわいい。

(手のかかる子供みたい?)

 

電池交換ももちろん不要。

ここは特に重要です。

自動巻きの時計は、

体に与える影響が少ないのです。

 

実は、腕時計に使われている

クオーツはあまり体に良くない

振動を発しているのです。

 

別に持っていた

Gショック時計(デジタル式)の

電池交換は、

とある大型雑貨店で交換しました。

(電池交換代のみ、水圧試験なし)

スポンサーリンク