私は、アイフォンユーザーなのですが、

設定→バッテリーのなかにある、

『低電力モード』って

皆さん、知ってますか?

私はというと、

そう言えばという感じで、

知らなかったという方が近いかな?

 

今までも、自分なりに、節電は

していたつもりです。

例えば、

『機内モード』はオフにしたり、

『Wi-Fi』も使用しない時は、

もちろんこちらもオフ。

『プライバシーの位置情報サービス』

もちろんオフです。

 

でも、夕方くらいになると、

残りのバッテリーが、

20%を切ることもしばしば。

そして、さらには、

『残りのバッテリーがあとわずか』

表示が出現したりすることも。

その場合、仕方なく、

充電器で充電をするしか

思えなかったですし、

まあ、アイフォンは電気を食うなあ?

アイフォンはこういうものかと

半ばしょがないかとずっと思っていました。

 

ところが、

ついにいい方法を発見?

というか、

思い出した?のです。

 

その方法とは?

バッテリーを

『低電力モード』にすることです。

知っている方は、

なあんだ、と言われると思うのですが。

『低電力モード』にした結果、

なんと、

夕方になっても

残りのバッテリー量が70%以上。

80%以上残っている時もしばしばです。

今までの苦労はなんだったのでしょうか?

 

昼間に『クリップボックス』に

ためておいた動画を見ても

それでも余裕で、

バッテリーが残っています。

(クリップボックスとは、

私が1番にお薦めしている

アイフォンアプリです。

クリップボックスの関連記事はこちらです⇒

この方法を知ってからは、

普段は、低電力モードにして、

必要な時に、モバイル通信をON。

 

あるいは、

環境によっては、

『Wi-Fi』をONにして、

メールのチェックなどをしています。

 ただ、低電力モードにすると欠点もあるんです。

低電力モードでも、メール受信、

LINEもできるのですが、

1番厄介なのは、

自動ロックが30秒に制限され、

そのたびに,

パスコードを入力する手間が増える事です。

 

あと、アイフォンを『低電力モード』で

充電すると、

バッテリー残量が約80%以上になると、

『通常モード』に強制的に切り替わります。

 

・ホームボタンを使う回数が

大幅に増えます。

ホームボタンが故障する

リスクが増えます。

関連記事はこちら⇒

 

それくらいが、

今感じている欠点ですね。

ただ、繰り返しになりますが、

バッテリーの持ちは、

通常モードと全然違いますので

その時々に応じて、臨機応変に、

使い分けるといいと思いますよ。

 

まだまだ、アイフォンの知らない、

あるいは使っていない機能があると

思いますので、

また、見つけたら報告させていただきますね。

スポンサーリンク