そりゃあ、平成の時代の方が,

 

便利に決まってますよ。

 

例えば、

今では誰もが持っているスマホや携帯。

そういうものが無かった昭和の時代。

昭和の人?は、

どのようなくらしをしてきたか?

平成生まれのあなた、

想像できますか?

 

スマホの無かった昭和の時代。

主な電話は、家の黒電話。

それもプッシュ式が出てきたのは、

ずいぶん後の話。

ダイヤル式ですよ。

と言っても???????

年配の方に教えてもらって下さい。

 

彼女との連絡も当然、

家の固定電話。

前もって、何日の何時電話するよ。

あるいは、

2コールでいったん切るのが、

私からの電話の合図など。

たまに彼女のお父さんが電話に出た時は・・・・・・。

目も当てられない。

なんとも切なく、

涙ぐましい努力をしていた時代です。

 

大事な連絡待ちの場合は、

常に電話の呼び出し音の

聞こえる範囲で、

待機しなければなりませんでした。

 

まだ、家にいるならいいのですが、

これが、いったん屋外へ出た場合の

連絡の取り方は?

 

デートの待ち合わせに

連絡がとれないのは、

当たり前田のクラッカー。

(昭和のギャグです)

 

伝言板やNTTのメッセージ機能を使用。

伝言板は遅れてきた方からは、

連絡が一切できないのでした。

これでも何もないよりはまだましでした。

 

もう少し後になると、

ポケベルが登場。

スマホと比べるととんでもなく不便ですが、

(メッセージを伝えるのに、

暗号のような数字変換を使用して

伝えていましたね)

ですが、

その当時はこれでも

画期的な商品の出現でした。

 

リアル店舗が当たり前

ネット通販も当然ありません。

スマホですぐに検索できる在庫の確認は、

自分で一か八かリアル店舗へ行くか、

店舗へ電話での確認しかありませんでした。

 

1つのほしい商品を探すのに、

数件の店舗のはしごは当たり前。

それでも物が見つかればラッキー。

当然、見つからない場合もあります。

何たる時間の無駄使いなこと。

 

音楽はカセットテープ

音楽を聴くのも今のようなデジタルではなく、

アナログで

カセットテープでしたね。

編集も大変ですし、

曲を飛ばすのもメモリを駆使しての作業。

頭出し機能付きのカセットデッキの登場に

歓喜した方、

多いんじゃないでしょうか?

 

アナログカメラで写真撮影

今のデジタルカメラのように

失敗は許されません。

まして、連写などありえない。

連写なんてやったら、

いったいいくらかかってしまうやら、

見直しもできず、

写真が出来上がってからのチェックのみ。

せっかくの思い出の写真が、

手ぶれでダブっていたり。

 

私の経験では、

スキー場でみんなで集合写真を

撮った写真に

他人のスキーヤーが見事に?

ど真ん中に移りこんでいました。

 

中でも1番あった失敗は、

赤目で写っていたことが多かったですね。

 

平成生まれの人から、

昭和の時代のものを見ると、

確かに便利は変えが得たいです。

でも、例えば、

TV番組の歌番組は、

今と比べて圧倒的に多かったですし、

『ザ・ベストテン』などの

歌番組放送後の翌日の話題は、

決まって番組内容について話が

盛り上がってましたね。

 

ピンクレディーの新曲が放送されると、

クラスの女子のほとんどが、

休み時間になると教室で、

ふりつけの練習をしていましたね。

 

TV番組事体の規制もゆるく、

今なら放送できないことが

平気でできていましたね。

いい意味でめちゃくちゃでしたね。

まさに、

『ザ・古き良き時代』

 

今は便利です、

YouTubeでも過去の昭和の番組を

見ることができるので、

1度見て下さい。

 

面白さのレベルが全然違います。

笑いすぎて、ホッペのあたりが

痛くなっても

当方では責任はとれませんので

悪しからず。

 

まあ、楽しかったことも

昭和は昭和なりにありましたね。

平凡ですが、

今となってはいい思い出です。

そう言えば、電報ってまだあるんでしょうか?

スポンサーリンク