4月に入って、

今まで男女兼用だったトイレが、

急に女性専用になりました。

今まで数年使えてたのに、

急に女性専用になって

不便を感じてはいました。

特に、1番不便を感じているのは、

業者の人達です。

 

事務所のトイレを利用しなければ

ならなくなり、

しかもそのトイレ、結構な距離歩きます。

後はコンビニを利用するかですね。

 

確かに言われてみると、

トイレが「男女共用」と

なっていましたが、

女性が利用しているのは、

見たことがありません。

 

そこは、男性用小便器+共用の洋式個室が

あるパターンです。

しかもウォシュレットだったのに。

 

実は法律で明文で書かれていた!

労働安全衛生法に基づく

労働安全衛生規則、

および事務所衛生基準規則によると、

「法律上は、事業所・事務所のトイレを

男性用と女性用に区別すること」

明確に定められています。

 

しかもこの法律には、

これらの規則では、

従業員数に応じたトイレの設置数も

定めています。

 

それによると、

たとえば、女性20人以内ごとに

1個以上とすること。

 

この法律に違反すると、

『6カ月以下の懲役

または50万円以下の罰金』と、

結構、重い罰則が規定されていますね。

もしかして、法律をちらつかせたのかも?

 

これで、急に『男女兼用』トイレが、

『女子専用』になったわけが

わかりました。

それにしても急だったなあ?

スポンサーリンク